更年期障害とマカ

更年期障害とマカ

更年期障害は早ければ40代前半、遅くても50代前半になると、女性はイライラなどの更年期の症状に悩まされます。症状の表れ方は様々ですが、頭痛、のぼせ、肩こり、腰痛、動悸、倦怠感、不眠、うつ病などがあります。多くの場合はこれらの複数の症状が同時にみられます。

 

更年期障害の原因はまだ解明されてはいません。閉経に伴うホルモンバランスの乱れが原因だと言われています。

 

閉経は、卵巣からの排卵が終わることで、排卵をつかさどるホルモンであるエストロゲンの分泌が減少したことで発生します。

 

マカにはこのエストロゲンの分泌を促し、排卵に関する異常を改善して更年期障害を解消する働きがあります。

 

閉経前後の女性がマカを飲むことで、更年期障害の症状が緩和されると考える専門家もいます。

 

それに対する実験では、ネズミの卵巣を摘出すると、更年期の症状がみられますが、摘出後のマカを与え続けたネズミにはその症状が表れなかったというのです。

 

このことから、人間の更年期障害にもマカが有効なのではないかと思われています。

 

まだ臨床試験やデータの蓄積が進んでいないので、結果は出ていない状態ですが、マカには副作用が無いので、もう更年期障害の治療としてマカを服用している人が増えてきているようです。

 

さらにマカには、更年期障害以外にも多くの女性が悩んでいる冷え性にも効果があることがわかっています。マカの有効成分が体の代謝を高めるので、体全体の血行が良くなり、指先の冷えなどが改善されるのです。

 

このように女性特有の症状にもマカの有効成分はとても役に立つのです。