マカは成長ホルモンを分泌する

マカは成長ホルモンを分泌

成長ホルモンは、下垂体で製造されて血管を通って全身にいきわたります。成長ホルモンは金に来や骨、内臓の働きを活発にして新陳代謝を高め、体の成長を促進します。

 

成長ホルモンの分泌は20歳ごろがピークとなります。そのあとは次第に減少して40歳になると20歳のころの半分ほどしか分泌されなくなります。成長ホルモンがなくなるとともに、老化が進んでいくことになるのです。

 

マカに豊富に含まれているアルギニンは、成長ホルモンの元になっている成分です。アルギニンをたくさん摂取すると成長ホルモンの分泌が促されるのです。

 

マカサプリなどを飲んでいると、内臓などの各器官の働きが活発になるので、生殖器の働きも活性化されることとなります。そのために男女ともに妊娠しやすい体質となるのです。このようにマカの有効成分の一つ一つに大きな作用があるのです。

 

このマカは実はNASAで宇宙飛行士の食糧として採用されたのです。必須アミノ酸や活性物質などを豊富に含んでいるので、健康を増強し、栄養素も豊富です。

 

糖分は体内ですぐにエネルギーとして変換されます。特に脳や神経系は、糖分が唯一のエネルギー源ですので、不足することでたちまち人体のパフォーマンスの質が低下してしまうのです。勉強の休憩にチョコレートがいいと言われるのもこのためです。

 

マカには良質の糖分が含まれています、マカに含まれる当分は単糖類で、砂糖は二糖類です。

 

糖類には血液中の糖分の量である血糖値を上げる働きがあります。血糖値が上がりすぎると、糖尿病になり、全身の細胞の細胞膜が弱くなってしまいます。

 

そうなると細胞は弱くなり、本来の機能を果たすことができなくなるのです。毛細血管も同様に弱くなります。血液を細胞組織に十分に運べなくなり、失明や手足の壊疽などの原因となります。また、神経細胞が侵されて神経障害が起こることも想定されます。

 

このような名症状は糖尿病の合併症として表れ、糖尿病の症状の中でも重症化してしまいます。

 

しかし、マカに含まれる単糖類は、果糖やブドウ糖が中心ですので、血糖値の上昇を心配する必要が無いのです。必要なエネルギーを十分補給できて、糖尿病の恐れもない理想的な糖分補給をマカが行ってくれるのです。

 

このような点からもマカは優れたエネルギー補給食品だということが言えるのです。